群山  日出  雲海  直至晚霞  神木  櫻花...
大自然幻化而成的一切景致  都是台灣阿里山獨具的美好。「山里日紅」就是堅持使用這裡的100%自然栽培高山茶

台湾阿里山は台湾五大山脈の中の一つで、玉山の西側に位置します。分布は広くて、独特の天然環境があり、台湾高山茶発祥の地と称されています。標高が高い大阿里山茶区は、気候が寒冷で湿気を多く含み、一年の平均温度は摂氏10度ぐらいです。これにより、お茶の香りはもっと自然な清々しい香りになるのです。一日中雲や霧が漂い、一年の霧日が百日に達します。栽培、発芽から採収まで、冷たい山中の泉水での灌漑を採用しています。茶葉は柔軟になり、葉肉は肥えて厚く、茶葉の渋味を減らします。

連綿疊嶂  凝聚茗茶獨有山頭氣

緯度、標高、降雨量、土壌の性質が異なるとお茶の味と香りもそれに沿って変化します。阿里山郷、梅山郷、竹崎郷、番路郷に分布する金萱茶は、高山の趣を持ち、少しミルクのような香りがあり、喉漉しが清新で甘みが感じられるお茶です。石棹郷、中埔郷には青緑色の深みがある高山烏竜茶があります。紅茶は収斂性が低いため、苦さや渋さの刺激性が低いので更に甘みが味わえます。阿里山の各山頂は延々と続き、茶が独特な特色を持っています。この土地はで育ったお茶の香りは深くて長く、落ち着いた気品を持つ、貴重な銘茶の生産地であります。

 

阿里山は台湾高山茶の発祥地と称される標高2600メートルの高い所であり、気候は寒く湿気を多く含んでいます。毎年2500ミリメートルの降雨量を超え、年間平均気温は摂氏10度前後です。一日中雲や霧が漂い一年の霧日が百日に達します。、平均日照時間が短く、その結果お茶の木の芽葉の苦渋成分を低下させ、茶湯の甘み、旨みを高めるようになります。濃緑色の山並みが延々と続き、栽培、発芽から採収まで、冷たい山中の泉水を用いた灌漑で、自然のリズムに合わせお茶を育てています。それにより、お茶の香りは深く長いものになります。実に落ち着いた気品溢れる貴重な銘茶の生産地であります。